カードリーダーの鷹嘴(タカノハシ)しょうこです。

読者の方にはクリスタルアライカードをご自身でもなさる方が多いです。
ご参考までに、今日は 読み(リーディング)の実際についてお話させていただこうと思います。

1,読み方の幅

2,対話の方法

3,対話の対象とは

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

1,読み方の幅

スプレッドに出たカードをどう読むかについてです。初学の方はリーディング(読み)の際、基本的枠から出ないで読むことになると思います。むしろ、基本的読み方に従って読むのが普通ですが

続けていると 全く基本ラインから外れてしまうことも出てきます。
先日のカードリーディングでは、【フローライト】のカードが出たのですが、基本の読みは【決めたことはやる】という読みとなります。

けれど、その時のクライエント様には「不安・バランス感覚」という読みでお伝えしました。

でも、それでいいのです。その時々に、直感で受け取ることこそ重要な点だからです。また

当然ながら、配列のどこに出たカードなのかにもよります。

これは、タロットやカードはあくまでも道具であって

また、使う人によって変わるのが道具だからです。

何にでも言えますが、
使う人間の幅と奥行きによって受け取るものも大きく違ってくることになります。

たまたま、今回はリーディングについての話ですが、
霊的ボディを使う祈りとか、瞑想でも言えることですね。

リーディングに限って言えば(読み手の)霊性の階梯や浄化の度合いや人生経験の厚みによって、
当然ながら タロットにしろ、カードにしろ読みの深さとと奥行きが違ってきます。
結果は 読み手に依存します。

ですので、カードリーディングをなさるのであれば、ご自身の人生経験はどんな経験であったとしてもリーディングには活かされるということでしょう。

匠が使うカンナと素人が使うカンナでは 削り出てくるものは 全くちがった鉋屑、、、ですものね♪

使い手によって道具とは変幻自在であり、
一定の価値(読み方)に縛られないとも言えます。

単純な道具であればあるほどそうですね。
そして、カードやタロットとは単純な道具でもあります。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

2,対話の方法

 

 

リーディングの場合、
対話の方法はどうするのかといいますと、
これはリーダーの資質に依存します。

リーダーが得意とするやり方で対話が進みますから
私の場合では
クレヤボヤンスでも最も得意とする超感覚・視覚が使われるために
絵として目に見える道具、カードを使っているということになります。

これは聴覚が得意な場合は声でのメッセージをもらう形でリーディングになるということです。

なので、カードリーディングをなさる初心の方は、
ご自身の得意とする感覚を知り、
一つの読み方に拘らず自由自在に直感を使うのがいいのです。

そして、自分の直感に自信を持つことも大事。伝え方も縛られないことです。

私は口での表現より他が得意なので、口ではどちらかというと短い言葉でのお伝えです。
それでも深いと自負がありますし、個性と考えます。

人それぞれ、、、
どんなやり方でも真摯に愛を込めて伝えれば、やり方は自由。
自分のやり方を繰り返して自信をつけるのがいいですね。
直感を大事にしてくださいね。

その時々、直感に従えば
カードに描かれた情報、絵であったりキーワードであったり、色であったり
最も強いメッセージを送ってくる場所は変わります。

なので、1枚のカードの意味が固定化されているわけではありません。
全情報からその時々、必要な部分が直感として受け取るというのが対話であり、
リーディングです。一般的な読み方からは外れることに あまり神経質にならないでほしいと思います。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


2,対話の対象とは

 

カードリーディングでは、
リーダーが、カードに答えを尋ねていると思われる方がいらっしゃると思います。

けれど、それは全く違うのですね。

カードリーディングでは、別にカードに意思があってカードが答えるわけではありません。
カードを道具として使っているだけです。
つながり対話するための道具です。

では その繋がる対象とは何かといいますと、
天といったり、守護霊様と言ったりわかりやすく表現しますが
いわゆる自分の聖なる導き手なのです。
全ての方にある霊的なその力に繋がるということです。

その際、やっぱりリーダーである私の中の霊性が行うことになります。
その繋がる道具としてのカードデッキなのです。

さて、全ての存在には、より高次の存在として魂があるわけですが
クライエントの魂は 常に、今回の人生での魂の向上を願い、その方の幸せを導き示しております。その導きと助けがあってのリーディングになります。

クライエントとリーダーのご縁は ご先祖様がつないでくれます。
そして、リーディングにはこの魂の導きが手助けしてくれます。

その、魂の導きわかりやすく天の導きということもあるのですが、
それを知る手立てとしてカードデッキを使っているのがカードリーディングです。

繰り返しますが
「カードに聞く」と時々、簡単に表現しますが、
本当の意味するところは、カードに聞いているのでは無く、
天と繋がる・・・その奥深くにある高い神聖な存在との対話をしているのです。

お役にたてたのならうれしく思います(≡^∇^≡)

ありがとうございます。