先日、土地の取得と登記についてのご相談をお受けいたしました。

不動産に関しては、普段あまり占術に関心の無い方でもご興味を持たれます。
やはり対象が、簡単に売買できない人生の大きな買い物ということもありますし、
その取得後の商売なり、家運隆盛を願うことから
できるだけ良い時期に善い物件を取得いたしたいお気持ちの表れでしょう。
何方様にとりましても当然のお気持ちでしょう。

さて、
今回は、特に法律上の起算日、登記の日をいつにするか、、、という重要な案件のご相談でした。

さて、話は逸れますが、
土地取得の時、意識したいのは、土地の上わべの条件だけではなく
むしろ中身のこと、つまりは土地の質が非常に大きなポイントになるということです。
どんな土地がいいのかというと
力のある土地、、というのが何より重要ですね。

たとえば、何度お店を開いても、すぐに畳むことになる場所もあれば
小さなお店があっと言う間に大きく展開し、繁盛する場所もございます。
家運をみるにも、商売をする方の商売運にも、場所選びはとても重要になって参ります。

昔、30年程も前でしょうか、、、、
ミミズの沢山いる土地はイヤシロ地で、
商売はみるみる大きくなると聞きかじったことがありました。

たしかに、ここはミミズが多いと言われた場所に作った知人のお店は
その後グングンと売り上げを伸ばしお店を大きくされておりました。

もちろんオーナーさんの努力と才能も重要でしょう。
けれどそればかりでない【地の力】というものも
非常に大きいと感じた体験でしたし、
土地に、癒代地と気枯れ地があるのだとその時に知りました。

【気枯れ】という言葉は【穢れ】であり
生命エネルギーが枯れることを指します。

イヤシロ地とは、逆に弱った生命エネルギーを蘇生させる大いなる力を持つ土地です。
その生命力エネルギーの旺盛さが
子孫繁栄、開運招福、五穀豊穣に直結する大きな要因になるのですね。

それは、人にも、自然にも言えることですから
当然に土地にも法則性は働くことになります。

ただ、そうと言っても
既に取得購入した場合はどうなるでしょうか。

たとえ今の土地がイヤシロ地でなくても
住む方が波動改善を意識することで大きく変化させていくことも可能です。
いわゆるエネルギーの問題ですから、【エネルギー調整】ということです。
具体的には*【祓い】です。
見えない【意識】が大きく働いて参ります。

一方、見える部分で取り組めるのは、物理的には、現在はカーボン敷設等で、人工的にイヤシロ地化行う専門業者も出てきておりますし
ご自身で床下へ炭を蒔くなどしてエネルギー改良もできます。ご安心ください。

____________________________

* そもそも歴史的には、【祓い】とは、罪を解除する行事であり
【払う】こと=金品を払うことで罪や咎を無くす行為だったようです。
ある程度の出費を意識して行うのは お祓いに繋がります。
もちろん意識が大切で、祓いの意識で・・・ということでしょう。
____________________________

横道にそれましたが、、、
ということで
少なくとも、家運隆盛、商売繁盛を願う方にとっては
最重要な土地取得の観点になるのが、この土地の力でしょう。

さて、もう一つの観点が、今回の案件です。
登記の日をいつにするかという問題です。
こちらもよい流れを削がないよう最善の日に行うのがよいですね。

早速リーディングとなりました。
まずは、全体的に 土地取得が可能かをみました。

今回ご相談いただきましたクライエント様は5年ぶりにお会いいたしました。
再会嬉しく・・・・

お話を伺うと、4月からの土地取得に向けていらしたようですが、
やれるだけのことは皆行っても動きがぱたりと停止し、
どう動いていいものか、という状況を迎えていらしゃるとのことでした。

この2ヶ月ほど、何をしていても気に病まれる状況になり
お苦しかったようでした。

まず、リーディングに入る前に、すぐに取り組める行動指針を何点かアドバイスさせていただきました。

その後、カードを使ってのセッションの結果は
明確に6ヶ月後に取得可能とはっきりと 出ておいででした。

それまでは 運命が動く時期では無かったようです。
はっきりと 近い将来に取得は可能とでました。今では無いということです。
それも必ず手に入る流れへと動いているように見受けられましたのでお伝えいたしました。

では、良い時期はいつなのか、です。

法律関係に関わるカードもいい位置に並びましたので
まさに土地の登記にはこれ以外無いという 迷いのないレイアウトとなりました。
6ヶ月後とでておいででした。

さて、念のため、他の方法も使って確認してみました。
土地に関わる案件ですので、地水火風と惑星の関係もみていくとよろしいですね。

いわゆる西洋占星学では、
◆牡羊座・しし座・射手座は【自意識・主張・情熱・創造性】に長ける「」のエレメントの星座

◆蟹座・さそり座・魚座は【感受性・他者との共感力・想像力】に長ける「」のエレメントの星座

◆天秤座・水瓶座・ふたご座は社交性・コミュニケーション・知的能力に長ける「」のエレメントの星座

◆山羊座・おうし座・乙女座は【責任感・努力:現実性・組織力】に長ける「」のエレメントの星座
に分類されています。

そして、その星座=サインを支配している惑星をみていきますと
6ヶ月後は山羊座の時期でもあります。

山羊座の守護惑星は、土星です。
丁度 地のエレメントの時期にあたります。まさに土地を表す星ですね。

今回の結果は、
6ヶ月後が土地に関わる登記には、これ以上無い好機と示されました。希望的結果となりました。

最後に、アドバイスのカードには
今回のキーになる関係性に対して 先行投資する必要があると出ておいででした。
関係性の構築が重要。それが6ヶ月後に大きく影響を与えるということでしょうか、

クライエント様、具体的に動くための要件が明確化されたようでした。
6ヶ月先を見越して準備をいたしますと
とてもすっきりされた表情をなさいました。

具現化に向けてどうぞ自信を持って歩まれて下さいませ。
ありがとうございました。